走ると痛くなるランナー膝は骨と靭帯が擦れて痛みが出るんです^ ^|天白区の接骨院ならにじいろ接骨院-スポーツ外傷・酸素カプセル・巻き爪

にじいろ接骨院

topics TOPICS当院のご案内

ブログ一覧

走ると痛くなるランナー膝は骨と靭帯が擦れて痛みが出るんです^ ^

こんばんは☆

 

さてさて、昨日の続き、

ランナー膝こと腸脛靭帯炎についてですね。

 

そもそも腸脛靭帯って何?ってことですよね(笑)

 

下の絵は昨日と同じものです。

 

image

 

細長い水色の部分が腸脛靭帯です。

 

詳細はややこしいんですが、

ザックリ言うと

上1/3くらいが大腿筋膜張筋と言う筋肉で、

下2/3くらいが腸脛靭帯になります。

 

要するに

骨盤の外側からスネの骨の外側までをつないでいる、

筋肉であり、ゴムバンドの様な靭帯でもあるんです。

 

この下2/3の腸脛靭帯の一部が、

ランニング動作などで繰り返し繰り返し

太ももの骨(大腿骨)の出っ張り部分と擦れてしまい

炎症を起こして痛みとなったものが

腸脛靭帯炎なんです。

 

膝の痛みは半月板だったり他の靭帯の損傷が

原因になっている事も多いんですが、

普通に立って歩いて生活している分には痛みが無いのに

走っていると痛くなってくるって場合には

この腸脛靭帯炎が強く疑われます。

 

じゃ、何で靭帯と骨が擦れちゃうの?って話しは…

また明日にしまーす(^O^)