ヒートショックプロテイン誘導療法の解説①名古屋天白にじいろ接骨院|天白区の接骨院ならにじいろ接骨院-スポーツ外傷・酸素カプセル・巻き爪

にじいろ接骨院

topics TOPICS当院のご案内

ブログ一覧

ヒートショックプロテイン誘導療法の解説①名古屋天白にじいろ接骨院

こんちわ〜♬

 

今日も

ヒートショックプロテイン(HSP)誘導療法

お話しです^ ^

 

昨日は

ヒートショックプロテイン(以下HSP)そのものの

説明がメインでした。

 

今日は、本題となる『HSP誘導療法』について

解説しちゃいます(^o^)

 

HSP誘導療法は、

ケガをして傷ついた組織を修復する働きを持つHSPを

数倍に増やすことで、

ケガの治りを驚くほど早めることが

可能になるんです☆

 

ちなみに、痛めてから

日にちの経過が少ない損傷ほど

治りが早くなります。

 

どんなことをするかと言うと…、

 

約40度に温めた超特殊なパッドを

患部とその周囲に当てて

皮膚に密着させます。

 

そして、

楽な姿勢で60分間リラックスするだけ♬

 

やる事はこれだけなんです(^^;;

 

あとは

顕微鏡でも見えない電子レベルの話しに

なってきます(笑)

 

開発から実用化まで10年以上を要したという

特殊なパッドには、

電子がくっついたり離れたりする性質があり、

40度に温めるとその性質が最も効果を発揮して、

体内を、瞬時にHSPが作られ易い環境に

変える事が出来るんです☆

 

だから、瞬時にHSPが爆発的に増加する‼︎

…とのことです(^^;;

 

分かりますかねぇ?

ちょっとややこしいですよね(笑)

 

僕もこのパッドを開発された方に

何度も説明をしてもらいましたが、

苦手分野ってこともあって

正直なところ

理解しきれていないです…(~_~;)

 

でも、効果は間違いないですよ♬

 

じゃ、どんなケガや症状に有効かって事は

また明日お話ししますねー☆

 

HSPの効果については下の動画をご覧下さい♬

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓